ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

「カードや携帯電話、身分証明書をなくしたら?」 の巻き

  • [2014年3月13日]
  • ID:1525

 クレジットカードは、日本全国で約2億9千万枚(平成17年現在)発行されていて、私たちの生活には欠かせないものとなっています。
 また、最近はEdy(エディ)やSuica(スイカ)などの電子マネー機能を組み込んだカードや携帯電話も普及してきました。
 これらは現金を持たずに済むので身軽かつ安心な反面、紛失すると不正利用など思わぬ被害にあう可能性があります。

カードや携帯電話をなくしたら

 カードを紛失したときは、カード会社に連絡し、カードを使えないようにします。同時に警察に遺失届を出しましょう。万が一、不正利用された場合でも、届け出る前の一定期間と届け出後は補償対象となり、支払いの義務はありません。
 携帯電話の場合は、電話会社に連絡をし、一時的に使えないようにしましょう。

身分証明書類をなくしたら

 免許証や保険証などの身分証明書類を紛失したときは、警察へ届け出るとともに、個人信用情報機関へ連絡をし、紛失や盗難にあった情報を登録してもらう「本人申告制度」を利用しましょう。

個人信用情報機関

  • シー・アイ・シー 0120-810-414
  • 全国銀行個人信用情報センター
    0120-540-558
    03-3214-5020
  • 日本信用情報機構 03-6701-0702

参考

「くらしの豆知識 2008」国民生活センター

お問い合わせ

富里市役所 (法人番号1000020122335)経済環境部商工観光課

電話: (商工振興班/観光振興班)0476-93-4942 (消費生活センター)0476-93-5348

ファクス: 0476-93-2101

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム