ページの先頭です

簡易マザーズホーム

[2020年3月31日]

マザーズホームとは

発達が気になる子どもたちが、保護者と共に通園し、療育を受けるところです。

遊びを中心とした取組みの中で、大切な乳幼児期の子どもたちの情緒、運動の発達をめざし、子育てのお手伝いをします。

通常は保育士が療育支援を行わせていただきますが、ご希望に応じて、臨床心理士、理学療法士、作業療法士等、専門職の指導も定期的に受けることができます。

指導内容

*グループ指導

生活リズムや基本的生活習慣を身につけ、人と関わるルールや人と関わり遊ぶことの楽しさを味わうことができるよう、【繰り返し】を大切にしながら、活動等に取り組みます。

保護者も一緒に参加し活動することで、お子さんに合った関わり方を知り、親子の愛着関係を深めます。

  • おおよそ4から5歳児 火曜日、水曜日 午後1時から後3時30分
  • おおよそ0から3歳児 木曜日、金曜日  午前9時30分から午後2時

*個別指導

 一人ひとりに合った課題(手先、身体を使う課題、認知を高める課題)に保育士と取り組みます(保護者同室)。

  ・月曜日及び火、水曜日の午前中

プレイルームの写真画像

利用までの流れ

マザーズホームに連絡相談→市役所社会福祉課障害福祉班→相談事業所→マザーズホーム入園

「言葉数が増えない」「会話が成立しない」「理解できているか不安」「落ち着きがなく動き回っている」「運動発達が遅い(首のすわり、歩行等)」「転びやすい」等、お子さんの発達で気になることはありませんか?

1人で頑張らなくても大丈夫!

心配なこと、不安なことがありましたら、お気軽にご連絡ください。

事業所自己評価結果の公表について

令和元年度事業所自己評価結果表

お問い合わせ

富里市健康福祉部社会福祉課

電話: (厚生班/障害福祉班・ことばの相談室) 0476-93-4192 (生活支援班) 0476-93-4193 (簡易マザーズホーム) 0476-92-2302

ファクス: (厚生班/障害福祉班・ことばの相談室/生活支援班) 0476-93-2215 (簡易マザーズホーム) 0476-92-2303

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ