ページの先頭です

宅地の税額の求め方

[2019年4月17日]

商業地等の宅地

「商業地等の宅地」とは、住宅用地以外の宅地や農地以外の土地のうち評価がその土地と状況が類似している宅地の評価額に比準して決定される土地(宅地比準土地)のことをいいます。
商業地等(住宅用地以外の宅地)
負担水準課税標準額
70%超新年度の評価額×70%
60%以上70%以下前年度の課税標準額を据え置き
60%未満前年度の課税標準額+(新年度の評価額×5%)
※計算結果が新年度の評価額の60%を超えるときは60%の額。20%を下回るときは20%の額。

住宅用地

住宅用地は「小規模住宅用地」と「一般住宅用地」に区分され、その区分によって税負担が異なります。詳しくは、「住宅用地に対する課税標準の特例」をご覧ください。

  • 小規模住宅用地
    200平方メートル以下の住宅用地(200平方メートルを超える場合は住宅1戸あたり200平方メートルまでの部分)を小規模住宅用地といいます。
  • 一般住宅用地
    小規模住宅用地以外の住宅用地を一般住宅用地といいます。
    例えば、300平方メートルの住宅用地(一戸建住宅の敷地)であれば、200平方メートル分が小規模住宅用地で、残りの100平方メートル分が一般住宅用地となります。

お問い合わせ

富里市総務部課税課

電話: (市民税班) 0476-93-0443 (資産税班) 0476-93-0444

ファクス: 0476-93-7810

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ