ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

妊婦・乳児一般健康診査・新生児聴覚検査の償還払いについて

  • [2021年4月1日]
  • ID:8464

妊婦及び乳児一般健康診査・新生児聴覚検査の償還払いについて

県外の医療機関等で受診票を利用せずに健診や検査を受けられた方

妊婦及び乳児健康診査受診票、新生児聴覚スクリーニング検査受診票(別冊)は、千葉県内及び富里市と契約を交わした県外の医療機関等で利用できます。

契約を交わしていない県外の医療機関等で、受診票を利用せずに妊婦及び乳児健康診査、新生児聴覚スクリーニング検査を受けた場合に限り、受診票の公費負担額を上限として、払い戻しを受けることができます。

※全額払い戻しではないのでご了承ください。

対象者

受診日に富里市内に住民登録されている方で里帰り出産に伴い、受診票を使用することができず
次の1.2.3のいずれかに該当する方

  1. 自己負担で妊婦健診を受診された方
  2. 自己負担で乳児健康診査を受診された方
  3. 自己負担で新生児聴覚スクリーニング検査を受診された方

手続きに必要なもの

以下のものをご持参のうえ、健康推進課に申請してください。

  • 妊婦及び乳児一般健康診査費助成金交付申請書(ダウンロードして記入してください。ダウンロードできなくても窓口で記入することもできます。)
  • 母子健康手帳(妊娠中の経過や健診または検査結果等が記入してあるもの)
  • 未使用の妊婦及び乳児一般健康診査・新生児聴覚スクリーニング検査受診票※(別冊)
    ※ 新生児聴覚スクリーニング検査受診票は、令和3年3月31日までに母子手帳交付受けた方は不要です。
  • 領収書原本(医療機関または助産所が発行したもの)
  • 印鑑
  • 銀行振り込み口座通帳等(金融機関名・支店名または支店番号・口座番号・口座名義人がわかるもの)


妊婦及び乳児一般健康診査費助成金交付申請書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご注意ください!

  • 健診や検査後、なるべく早めに申請してください。(最後の健診または出産した日の翌日から2年以内)
  • 母子健康手帳発行後に受けた妊婦及び乳児一般健康診査・新生児聴覚スクリーニング検査が対象となります。
  • 払い戻しの対象となるのは、母子健康手帳に健診や検査結果の記載があるものに限ります。
  • 1回の妊娠にあたり公費負担の妊婦健康診査の回数は14回が上限です。乳児一般健康診査は3~6か月児1回、9~11か月児1回となります。
    新生児スクリーニング検査は、初回検査1回のみとなります。
  • 新生児聴覚スクリーニング検査の償還払い対象となるのは、令和3年4月1日以降出生の赤ちゃんになります。
    詳しくは、新生児聴覚スクリーニング検査の一部助成が始まります。(別ウインドウで開く)をご覧ください。

お問い合わせ

富里市役所 (法人番号1000020122335)健康福祉部健康推進課

電話: (成人保健班/母子保健班) 0476-93-4121 (新型コロナウイルスワクチン接種推進室) 0476-93-6493

ファクス: 0476-93-2422

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム