ページの先頭です

特定個人情報保護評価

[2020年5月18日]
マイナンバー広報用ロゴマーク「マイナちゃん」

特定個人情報保護評価の概要

特定個人情報とは

特定個人情報とは、マイナンバー(社会保障・税番号)制度における個人番号(マイナンバー)を、その内容に含んだ個人情報のことを言います。
また、特定個人情報を内容に含むファイルのことを特定個人情報ファイルといい、特定個人情報保護評価の実施が義務づけられています。

特定個人情報保護評価とは

特定個人情報保護評価とは、特定個人情報ファイルを保有しようとするまたは保有する国の行政機関や地方公共団体等が、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で、特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言するものです。

特定個人情報保護評価の目的

マイナンバー(社会保障・税番号)制度に対しては、国家による個人情報の一元管理、特定個人情報の不正追跡・突合、財産その他への被害等の懸念が示されてきました。

特定個人情報保護評価は、これらの懸念を踏まえた制度上の保護措置の一つで、事前に対応することによる個人のプライバシー等の権利利益の侵害を未然に防ぐこと及び、国民・住民の信頼を確保することを目的としています。

社会保障・税番号制度の関連リンク

お問い合わせ

富里市総務部企画課

電話: (企画統計班) 0476-93-1118 (情報化推進班) 0476-93-1119

ファクス: 0476-93-9954

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ