ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

消火栓を使用した初期消火訓練を実施しました

  • [2022年3月17日]
  • ID:13085

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

消火栓を使用した初期消火訓練

令和4年3月13日(日曜)に立沢台自治会で消火栓を使用した初期消火訓練を新型コロナウイルス感染予防対策を講じながら行いました。

この訓練は大規模な地震が発生した場合、同時多発する災害や倒壊建物などに道を阻まれ、災害現場に消防車がすぐに到着できない場合に区、自治会、自主防災組織 の地域の方が消火栓を活用した初期消火活動を行う ことにより、火災による被害の拡大を軽減することを目的としています。

参加された方々は職員の指導を熱心に聞き訓練に取り組んでいました。訓練終了後には「非常に参考になった、今後の地域防災活動に活かしていきたい」という声が聞かれました。

訓練の様子

資器材の説明

スタンドパイプ取付の様子

放水の様子

消火栓を使用した初期消火訓練をやりませんか

大規模地震発生時に自分たちの地域を守るために地域の方が活用できる初期消火資器材のひとつが 消火栓を活用した初期消火活動です。道路上にある消火栓にスタンドパイプという資器材を差し込みホースをつなぎ消火を行います。訓練で使用する資器材は消防署にもあります。ぜひ、地域の防災訓練などで実施してみてください。

詳しくは消火栓を使用した初期消火マニュアルをご覧ください。

お問い合わせ

富里市役所 (法人番号1000020122335)消防本部消防署

電話: (本署) 0476-92-1311 (北分署) 0476-91-0119

ファクス: (本署) 0476-93-8837 (北分署) 0476-91-0139

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム