ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

郷土資料展示室の展示物の一部入れ替えのお知らせ

  • [2021年8月30日]
  • ID:12469

郷土資料展示室の展示物の一部入れ替えのお知らせ

令和3年8月26日(木曜)から、郷土資料展示室の廊下展示コーナーの掛軸と太政官高札の入替えを行いました。

是非とも郷土資料展示室に足を運んでください。

郷土資料展示室について


掛軸

山縣有朋
破嶮王師

谷文晁
芥子図

山岡鉄舟
非求不明

太政官高札

第三札
切支丹・邪宗門厳禁

第四札
万国公法履行

掛軸の作者について

山縣有朋

明治・大正時代の政治的、軍事的最高指導者の一人。第三代、第九代内閣総理大臣。長州藩の下級武士の出身。

第一次伊藤内閣では内務大臣に就任、町村制の確立に貢献し、活動の中心を内務行政に移す。

日清戦争前後に二度内閣を組織し、官僚制を確立。

伊藤博文の死後、最大の発言力を元老として、日本政界の中心的存在であり続けた。

 

谷文晁

江戸時代後期の大人気絵師。白河藩主松平定信の御用絵師としても活躍した。

十歳の頃に狩野派に入門。その後、中国や西洋の技法を取り入れ、折衷様式を大成した。

画域は山水画・花鳥画・人物画・風景画・仏画にまで及び幅広い。

文晁は鷹揚な性格であり、弟子などに求められると自分の作品でなくとも落款を認めた。

市中にはおびただしい数の偽物が出回ったと推察される。

 

山岡鉄舟

江戸末期から明治時代の幕臣・政治家。剣・禅・書の達人としても知られる。

勝海舟、高橋泥舟とともに「幕末の三舟」と称される。

明治維新後は新政府に仕え、静岡藩権大参事、茨城県参事、明治天皇の侍従などを歴任。幕府・明治政府の双方から重用された。

太政官高札とは

明治新政府が樹立した後、太政官という官庁が政府の意向を示すために掲げた高札です。

富里市根木名に残されていた高札は6枚で、そのうち5枚は「五榜の掲示」と呼ばれるものになります。

「五榜の掲示」とは慶応4年3月15日に、明治政府が民衆に対して布告した最初の禁止令です。


「第三札 切支丹・邪宗門厳禁」には切支丹宗門(カトリック教)については、今までどおり禁止するので、堅く守らなければならない。邪宗門(不正・有害な宗教)については厳重に禁止するということが記載されています。

「第四札 万国公法履行」には外国人に対する心得が記載されており、訳もなく乱暴なふるまいを行ったものについては、その罪の重さに従い武士の身分の者でも、武士の戸籍(人別帖)から削除する当然の刑に罰せられることになるという旨の内容が記載されています。

お問い合わせ

富里市役所 (法人番号1000020122335)教育部生涯学習課

電話: (中央公民館) 0476-92-1211 (社会教育班)0476-93-7641 (文化資源活用室) 0476-93-7641 (スポーツ振興室) 0476-92-1597

ファクス: (中央公民館/社会教育班/文化資源活用室) 0476-91-1020 (スポーツ振興室) 0476-93-9640

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム