ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

水痘ワクチン

  • [2017年8月4日]
  • ID:6067

水痘ワクチンについて

水痘とは、いわゆる「みずぼうそう」のことで、水痘帯状疱疹ウイルスというウイルスによって引き起こされる病気です。空気感染、飛沫感染、接触感染により広がり、その潜伏期間は感染から2週間程度と言われています。

発疹の発現する前から発熱が認められ、典型的な症例では、発疹は紅斑(皮膚の表面が赤くなること)から始まり、水疱、膿疱(粘度のある液体が含まれる水疱)を経て痂皮化(かさぶたになること)して治癒するとされています。重症化すると、熱性痙攣、肺炎、気管支炎等の合併症を発症する場合があります。

対象者

生後12月から生後36月に至るまで人

接種回数

2回

接種方法

乾燥弱毒水痘ワクチンを使用し、合計2回皮下に注射する。
初回接種後3月以上の間隔をおく。

標準的な接種期間

生後12月から生後15月に至るまでに初回接種を行う。

追加接種は初回接種終了後6月から12月に至るまでの間隔をおいて1回行う。

副反応について

予防接種直後から、翌日にかけて発疹、蕁麻疹、紅斑、かゆみ、発熱があらわれることがことがあります。全身症状として、接種後1~3週間頃に発熱、発疹がみられることがありますが、数日で消失することがほとんどです。また、帯状疱疹になることがありますが、頻度は低いです。まれに接種後にアナフィラキシー様症状として、蕁麻疹、呼吸困難、急性血小板性紫斑病が接種数日後から3週頃にみられる場合があります。

その他

  • すでに水痘にかかったことがある人は対象外となります。
  • 任意接種として既に水痘ワクチンの接種を受けたことがある人は、既に接種した回数分の接種を受けたものとみなします。
  • 接種の際は、事前に医療機関に予約し、水痘ワクチン予診票、母子手帳を持参してください。
  • 市内の個別予防接種協力医療機関以外での接種を希望する場合は、千葉県相互乗り入れ事業で千葉県内の病院で契約している医療機関であれば接種することができます。詳しくは医療機関または健康推進課までお問い合わせてください。

お問い合わせ

富里市役所 (法人番号1000020122335)健康福祉部健康推進課

電話: 0476-93-4121

ファクス: 0476-93-2422

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム