ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

富里のスイカについて その2

  • [2020年11月10日]
  • ID:2400
すいか
すいか畑

Q&A 富里市のすいかについて・その2

すいかの収穫は、一年間に何回できるのですか。また、一つの株から何個ぐらいとれるのですか。

 おいしいすいかを栽培するために、ひとつの株から、1個か2個しか収穫をしません。
 富里市のすいかは、主にハウス物と露地物に分けられ、ハウス物は5月中頃から、露地物は6月頃から収穫が始まります。収穫量はだいたい10a当り800個ぐらいで、すいかの出来具合を確認しながら収穫しています。

 

何月頃にたくさん収穫されているのですか。

5月中旬くらいから収穫して出荷が始まり、7月中旬ぐらいまでで終了します。最盛期は、6月頃で、その時期には「すいかまつり」や「スイカロードレース」が開催されます。すいかの栽培が終わると人参や大根の種をまいて、秋から冬に収穫を行ないます。すいかの栽培に使ったビニールハウスを利用して、トマトを栽培することもあります。

 

収穫したすいかは、富里市のお店で売っているのですか。

 JA富里市産直センターをはじめ、市場を通じて全国各地に出荷されています。

 

スイカや野菜を出荷している主なところはどこですか。

 北海道から大阪、京都まで日本のかなり広い範囲に出荷されています。

お問い合わせ

富里市役所 (法人番号1000020122335)経済環境部農政課

電話: (農業振興班) 0476-93-4943 (基盤整備班) 0476-93-4944

ファクス: 0476-93-2101

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム