ページの先頭です

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の期間延長について

[2020年5月5日]

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の期間延長について

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、令和2年4月7日、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言がなされました。
 5月4日、政府は緊急事態宣言の対象地域を全国としたまま、緊急事態措置を実施すべき期間を5月31日まで延長することを決定しました。

 最初に緊急事態宣言の対象となった千葉県を含む7都府県と、新たに追加された6道府県の合わせて13都道府県が「特定警戒都道府県」となっており、これまでと同様の制限が求められます。
 これに対し、それ以外の県は、「3つの密」を避けることを中心とした「新しい生活様式」を徹底することを前提に、制限の一部が緩和される方向となります。

 千葉県では、引き続き以下の措置を実施することとしていますが、1、2週間後に措置内容の見直しが可能かを検討することとしています。

外出の自粛の要請

生活の維持に必要な場合を除き、昼夜を問わず、みだりに自宅等から外出しないこと。

≪生活の維持に必要な場合の例≫
 通院、社会福祉施設への通所、食料品・医薬品・生活必需品の購入、健康維持のための散歩、在宅ではできない仕事 等

・スーパーマーケットなど買い物に出かける人数を必要最低限に絞るとともに、混雑時を避ける。

・公園等において散歩を行うことは、健康維持に必要であるため、少人数混雑を避け、人と人との距離を適切にとる。

・大型連休の行楽、観光など不要不急の外出は控える。

感染防止に関する協力依頼

  • 「3つの密」を避けるような対策を講じる。
  • 入場者の整理、発熱等症状のある者の入場禁止、手指消毒設備の設置、施設の消毒、マスクの着用などを入場者に周知するなどの措置を行う。

事業所及び催物の開催に関する協力依頼

  • 感染の拡大につながる恐れのある催物(イベント)の開催自粛
  • 「3つの密」を避けられない場合は開催自粛
  • 人が密集する状況となった場合には、適切に入場制限などを行うとともに、一方通行の誘導を行う。
  • 人が触りやすい扉や、共有部分の定期的な消毒、入店前後における手指消毒等を行う。
  • 会話時には距離を確保し、対面時にはパーテーションを設置するなどする。

お問い合わせ

富里市健康福祉部健康推進課

電話: 0476-93-4121

ファクス: 0476-93-2422

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ