ページの先頭です

令和元年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告

[2020年2月14日]

令和元年分所得税及び復興特別所得税の確定申告

所得税の確定申告

確定申告は国税庁ホームページでもすることができます。
国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」は、金額等を入力すれば自動で申告書等が作成できる便利なシステムです。
作成した申告書は、印刷して書面で提出できるほか、e-Taxを利用して送信できます。
なお、確定申告書は、お手持ちのタブレットやスマートフォンでも作成できます。
また、タックスアンサーでは、よくある税の質問に対する一般的な回答を調べることができます。

確定申告が必要な人

  • 営業、農業、不動産、譲渡所得などの税額計算をした結果、納税となる人
  • 給与の年収が2千万円を超える人
  • 給与以外の所得が20万円を超える人
  • 2か所以上から給与を受給している人
  • 公的年金収入が400万円を超える人
  • 公的年金収入が400万円以下で、公的年金以外の所得合計が20万円を超える人 など

注意事項

所得税の確定申告書の提出が不要な人でも、市民税・県民税の申告は必要になる場合があります。
市民税・県民税の申告をしなかった場合、年金から引かれている社会保険料など以外の控除内容が市では把握できないため、市民税・県民税が高くなる可能性があります。
市民税・県民税は、生命保険料や医療費などの支払・扶養控除などを追加することで、税額を抑えることができる場合があります。

平成28年分以降所得税及び復興特別所得税・個人事業者の消費税及び地方消費税・贈与税の申告書は税務署へ提出の都度、マイナンバー(個人番号)の記載と、本人確認書類の提示または写しの添付が必要です。

本人確認書類の例

  • (1)マイナンバーカード(個人番号カード)のみ(【番号確認書類】と【身元確認書類】を兼ねています。)
  • (2)通知カードなど【番号確認書類】+ 運転免許証や公的医療保険の被保険者証など【身元確認書類】
  • 郵送で申告書を提出する場合は、(1)の写し(表裏両面)または(2)の写しを添付してください。
  • ご自宅からe-Taxで送信する場合は、本人確認書類の提示または写しの添付は不要です。

医療費控除を受けるための手続きが変わりました

平成29年度の税制改正で、医療費控除または医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)の適用を受ける人は、領収書の代わりに「医療費控除の明細書」または「セルフメディケーション税制の明細書」を申告書提出の際に添付しなければならないこととされました。
また、領収書は提出を求められることがありますので5年間保管する必要があります。(税務署から求められたときは、提示または提出しなければなりません。)
なお、医療保険者から交付された医療費通知を添付すると、明細の記入を省略できます。(医療費通知とは健康保険組合等が発行する「医療費のお知らせ」などです。)

経過措置があります

平成29年分から令和元年分までの確定申告については、医療費の領収書の添付または提示にすることもできます。

イオンモール成田を会場として実施する所得税の確定申告書の作成・提出

3月16日(月)までは税務署窓口では確定申告書の作成・相談はできませんので、イオンモール成田を利用してください

会場に行く前に必ず確認を!イオンモール成田で受付できない手続き

申告書作成会場(イオンモール成田「イオンホール」)では次の手続き等は行っておりませんので、直接税務署へご来署ください。
  • 相続税の相談
  • 国税の納付
  • 納税証明書の請求、発行・申告書の閲覧サービス
  • 開示請求

期間

2月17日(月)~3月16日(月)(土曜日・日曜日を除く)
2月24日(月・祝)、3月1日(日)は実施します。

受付時間

午前9時~午後4時(提出のみは午後5時まで)

場所

イオンモール成田2階イオンホール

注意事項

  • 午前9時~10時までは、立体駐車場3階の連絡通路を通りモール2階C入口から入ってください。
  • 税務署内に申告書作成会場はありませんので、ご了承願います。
  • 会場開設日及び最終週は、大変な混雑が予想されますので、ご了承ください。
  • 混雑の状況によっては長時間お待ちいただくこともありますので、ご了承ください。
  • 混雑状況により、早めに受付を終了する場合があります。

確定申告書の提出

作成済みの申告書を提出する場合は、土、日及び祝日を除き、税務署1階の総合窓口と郵送でも受け付けています。

受付時間

午前8時30分~午後5時(土曜日・日曜日、祝日を除く)

郵送提出の場合

封筒に住所・氏名を記入し、次の宛先に郵送してください。
〒286-8501
成田市加良部1-15 成田税務署宛て
確定申告書などの控えに税務署の受付印が必要な人は、切手を貼った返信用封筒(住所・氏名を必ず記入)を同封してください。

所得税についての問い合わせ先

成田税務署 電(28)5151
(電話を自動音声で受け付け、用件に応じて担当者が応対します)

富里市役所を会場として実施する所得税の確定申告書の作成・提出

会場に行く前に必ず確認を!市役所で受け付けられない相談

確定申告のうち、次の相談は市で受け付けることができません。イオンモール成田で相談してください。

  • 令和元年分以外の申告(過年度分)
  • 住宅借入金等特別控除(初めて受ける人、連帯債務のある人)の申告
  • 営業や農業などの事業収入や不動産収入が500万円以上の申告
  • 事業を開始して初めての申告
  • 青色申告
  • 配当所得の申告
  • 譲渡所得(土地、建物、株式、会員権の売却など)の申告
  • 災害の控除(台風災害などに係る雑損控除なども含む)の申告
  • 贈与税、消費税の申告、準確定申告
  • 上記の場合以外でも、内容によって、イオンモール成田を案内することがあります。

期間

  • 2月17日(月)~3月16日(月)(土曜日・日曜日、祝日を除く)
  • 期間中は、課税課窓口での提出・相談はできません。
  • 3月1日(日)は市・県民税申告書の提出・相談のみ、すこやかセンター2階健診準備室で行います。すこやかセンターの休日夜間受付の入口を利用ください。

受付時間

午前8時30分~午後3時30分(正午~午後1時は除く。)
個別相談の順番は、原則先着順で受け付けますが、8時20分までに複数の人が受付に来たときは、抽選を行い順番を決定します。早朝の不審者侵入や盗難等を未然に防ぐためにご協力をお願いします。
また、混雑状況により、早めに受付を終了する場合があります。

相談時間

午前9時~正午/午後1時~4時

場所

すこやかセンター2階健診準備室

確定申告等個別相談【午前・午後各40件】

収入金額・必要経費と各種控除の書類を整理して、持参してください。

また、農業者や事業者などは収支内訳書を事前に作成してください。

書類が整っていないと受付できない場合があります。

持ち物

  • 印鑑
  • 本人確認のための身分証明書(運転免許証や旅券等)
  • マイナンバーカード、またはマイナンバー通知カード

所得のわかるもの

  • 給与所得の源泉徴収票
  • 公的年金等の源泉徴収票
  • 報酬・配当などの支払調書
  • 営業・農業・不動産所得などの収支内訳書、帳簿書類など(前年申告時の内容があればお持ちください。)なお、事前に収支が計算されていない場合は受け付けできません。

社会保険料等の支払証明書や領収書

  • 国民健康保険
  • 介護保険
  • 後期高齢者医療保険
  • 国民年金など
  • 医療費控除または医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)の適用を受ける人は、事前に「医療費控除の明細書」または「セルフメディケーション税制の明細書」を作成してきてください。なお、合計額が計算されていない場合は受け付けできませんので注意してください。

その他控除に必要なもの

障害者控除を申告するときは、障がい者手帳など

市民税・県民税申告書の提出・相談

確定申告書の作成・提出会場で、同一期間中、市民税・県民税申告書の提出・相談も受け付けています。市民税・県民税の相談・申告書の提出は次の受付時間で行います。

また、3月1日(日)は市・県民税申告書の提出・相談のみ、すこやかセンター2階健診準備室で行います。すこやかセンターの休日夜間受付の入口から入場してください。

受付時間

午前8時30分~午後5時(正午~午後1時は除く。)

混雑の状況によっては、長時間お待ちいただくこともありますので、市民税・県民税申告の提出・相談は、2月4日(火)~13日(木)の午前9時~正午/午後1時~4時まで、特設会場を設けていますので、ご利用ください。

お問い合わせ

富里市総務部課税課

電話: (市民税班) 0476-93-0443 (資産税班) 0476-93-0444

ファクス: 0476-93-7810

お問い合わせフォーム


令和元年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告への別ルート

ページの先頭へ