ページの先頭です

令和2年度 市民税・県民税申告書の提出・相談特設会場

[2020年2月14日]

令和2年度 市民税・県民税申告書の提出・相談特設会場

期間

2月4日(火)~ 13 日(木)(土曜日・日曜日、祝日を除く)

受付時間

午前9時~午後4時(正午~午後 1時は除く。)

場所

市役所分庁舎1階会議室

申告が必要な人

令和2年1月1日現在、市内に住んでいた人で、次のいずれかに該当する人

  • 所得税の確定申告は必要ないが、市・県民税で各種控除を受けようとする人
  • 所得が給与所得のみで、勤務先から市役所に給与支払報告書が提出されていない人
  • 失業保険、障害年金・遺族年金など、非課税の所得のみで生計を立てていた人
  • 所得がなく、別世帯の人の扶養親族になっている人
  • 所得がなく、誰の扶養控除対象にもなっていない人
  • 富里市に住んでいないが、令和2年1月1日現在に事務所・家屋敷のいずれかが富里市内にある人

申告が不要な人

  • 令和元年分の所得税の確定申告をする人
  • 勤務先から給与支払報告書(年末調整済み)が提出される人
  • 同一世帯の家族の扶養控除対象者になっている人

持ち物

  • 印鑑
  • 本人確認のための身分証明書(運転免許証や旅券等)
  • マイナンバーカード、またはマイナンバー通知カード

所得のわかるもの

  • 給与所得の源泉徴収票
  • 公的年金等の源泉徴収票
  • 報酬・配当などの支払調書
  • 営業・農業・不動産所得などの収支内訳書、帳簿書類など(前年申告時の内容があればお持ちください。)なお、事前に収支が計算されていない場合は受け付けできません

社会保険料等の支払証明書や領収書

  • 国民健康保険
  • 介護保険
  • 後期高齢者医療保険
  • 国民年金など
  • 医療費控除または医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)の適用を受ける人は、事前に「医療費控除の明細書」または「セルフメディケーション税制の明細書」を作成してきてください。なお、合計額が計算されていない場合は受け付けできませんので注意してください。


その他控除に必要なもの

障がい者控除を申告するときは、障がい者手帳など

郵送提出の場合

市民税・県民税申告書の郵送による提出先は次のとおりです。

〒286-0292(住所不要)富里市課税課市民税班宛て

注意事項

市・県民税の申告受付相談期間中は、所得税の確定申告書の作成や計算などに関する相談及び提出は受けられません。


申告は期限内に

市民税・県民税の申告書は、国民健康保険税や介護保険料などを算定するための基礎資料になります。
また、申告をしないと融資を受けるときや各種申請に必要な所得証明書などの税証明の発行や、国民年金(障害基礎年金、老齢福祉年金、保険料免除など)の所得調査ができません。
必ず期限内に申告をしてください。

お問い合わせ

富里市総務部課税課

電話: (市民税班) 0476-93-0443 (資産税班) 0476-93-0444

ファクス: 0476-93-7810

お問い合わせフォーム


令和2年度 市民税・県民税申告書の提出・相談特設会場への別ルート

ページの先頭へ