ページの先頭です

台風19号の災害に伴う雇用調整助成金の特例措置の実施について

[2019年11月25日]

台風19号の災害に伴う雇用調整助成金の特例措置を実施します

今般の台風19号の影響により事業活動が急激に縮小する事業所が生じ、地域経済への影響が見込まれることから、台風に伴う経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされ、雇用調整を行わざるを得ない事業主に対して、特例措置を実施することが決定されました(厚生労働省)。

特例措置の概要

1 休業を実施した場合の助成率の引き上げ                                                                 岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、長野及び静岡の各都県内の事業所が休業(教育訓練、出向は除く)を実施した場合の助成率を、中小企業の場合は2/3から4/5へ、大企業の場合は1/2から2/3へ引き上げます。

2 支給限度日数の引き上げ                                                                            岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨、長野及び静岡の各都県内の事業所について、休業等に係る1年間の支給限度日数を「100日」から「300日」へ引き上げます。

3 雇用保険被保険者期間が6か月未満の労働者を助成対象とします。                                                                  新規学卒採用者等、雇用保険被保険者として継続して雇用されている期間が6か月未満の労働者についても助成対象とします。

4 過去に受給していた事業主に対する受給制限の廃止について                                                         過去に雇用調整助成金を受給したことがある事業主であっても、以下のとおりの取扱いとします。                                                                                             (1)前回の支給対象期間の満了日から1年を経過していなくても助成対象とします。                                                        (2)通常、支給限度日数は1年間で100日、3年間で通算150日までのところ、今回の特例の対象となった休業等については、その制限とは別枠で受給可能とします。

特例措置の詳細については、こちらから(厚生労働省HP)<外部リンク>

雇用調整助成金の概要は、こちらから(厚生労働省HP)<外部リンク>

お問い合わせ

富里市市民経済環境部商工観光課

電話: (商工振興班/観光振興班)0476-93-4942 (消費生活センター)0476-93-5348

ファクス: 0476-93-2101

お問い合わせフォーム


台風19号の災害に伴う雇用調整助成金の特例措置の実施についてへの別ルート

ページの先頭へ