ページの先頭です

令和元年台風15号等により被害を受けた住宅に対する支援制度について

[2019年11月8日]

相談窓口について開設中、11月1日より申請受付開始

令和元年台風15号等により、一部損壊(半壊に至らない)等の住宅被害に対する、支援制度について相談窓口を開設しています。

※令和元年11月1日(金曜)からは申請についても受付を開始します。

支援制度の種類について

  • 災害救助法による応急修理(一部損壊) ※半壊以上は社会福祉課にて相談受付をしています。
  • 防災・安全交付金
  • 富里市被災住宅修繕緊急支援事業補助金

※被害の状況及び工事の内容実施状況などにより支援の内容が異なりますので、まずは相談に必要な書類をご持参のうえ、窓口にお越しください。

相談について

相談には下記の書類が必要です。

被害を受けた住宅に居住しているご本人または被害状況がわかる代理の方がお越しください。

  • り災証明書
  • 被害のわかる写真

    修繕工事の予定箇所のカラー写真(屋根・外壁、雨水侵入箇所、浸水部屋など)

    屋根、建物の全景・部分、部屋全景・部分 各1枚以上

  • 見積書の写し(申請受付には必ず必要です。相談時にはなくても大丈夫です。)
  • 印鑑(申請受付には必ず必要です。相談時にはなくても大丈夫です。)

申請受付について

申請の受付には上記の相談時に必要な書類のほか、申請書一式が必要です。

被害を受けた住宅に居住しているご本人が申請手続きをしてください。

やむを得ず代理の方が手続きをする場合は、委任状が必要になります。

受付時間

午前9時から午後4時まで(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

※11月2日(土曜)、11月3日(日曜)、11月4日(祝日)、11月9日(土曜)、11月10日(日)は

 すこやかセンター1階にて受付します。

受付場所

市役所本庁舎1階会議室(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

対象要件

下記の要件を満たした方が対象となります。

  • 現に被災した住宅に居住している方で資力がない方
  • 屋根、外壁、床、建物と一体の設備など、日常生活に必要欠くことのできない部分の修理で、対象工事部分の撤去・処分費を含みます。

※税込10万円以上の工事(※ただし応急修理の場合は下限なし)

※家具、家電、フェンス、カーポート外構等の修理費や処分費等は対象外

※工事費用の全額が保険で適用できた場合は対象外

問い合わせ先

都市計画課宅地建築班 0476-93-5148

お問い合わせ

富里市都市建設部都市計画課

電話: (計画班) 0476-93-5147 (宅地建築班) 0476-93-5148 (都市整備班) 0476-93-5347

ファクス: 0476-93-5153

お問い合わせフォーム


令和元年台風15号等により被害を受けた住宅に対する支援制度についてへの別ルート

ページの先頭へ