ページの先頭です

手足口病にご注意ください

[2019年7月4日]

手足口病が流行しています

例年、夏を中心に発生する手足口病ですが、今年は流行の発生が早く、また発生数も非常に多いことから注意が必要です。

手足口病とは

口の中や手足などに水泡性の発疹が出る感染症で、5歳以下の乳幼児を中心に、主に夏に流行します。
症状としては、感染してから3~5日後に口の中、手のひら、足底などに2~3ミリメートルの水泡性発疹が出ます。発熱は3分の1にみられますが、あまり高くならないことがほとんどです。

感染経路

主にせきやくしゃみを吸い込んだり、患者の便などに含まれるウイルスが手を介して口に触れることで感染します。特にこの病気にかかりやすい年齢層の乳幼児が集団生活をしている保育施設や幼稚園などでは注意が必要です。

予防について

流水と石けんで手を洗うことが重要です。特に、トイレの後やおむつ交換の後、食事の前にはしっかり手洗いを行ってください。また、タオルの共用も避けるようにしましょう。

治療について

手足口病に特効薬はなく、特別な治療方法はありません。また、基本的には軽い症状の感染症であることから、症状に応じた治療となります。
しかし、まれに髄膜炎など中枢神経系の合併症などが起こる場合がありますから、経過観察をしっかり行い、発熱が2日以上続く、嘔吐する、頭を痛がる、視線が合わない、呼びかけに答えない、呼吸が早く苦しそう、水分が取れずにおしっこが出ない、ぐったりしているなどの症状がみられた場合は、すぐに医療機関を受診してください。

関連情報

お問い合わせ

富里市健康福祉部健康推進課

電話: 0476-93-4121

ファクス: 0476-93-2422

お問い合わせフォーム


手足口病にご注意くださいへの別ルート

ページの先頭へ