ページの先頭です

平成30年度富里スイカオーナー制度 富里スイカ日記

[2018年7月18日]

平成30年度 富里スイカ日記

富里スイカの画像

さあ、いよいよ平成30年度の「富里スイカオーナー制度」が始まりました。

オーナーさんのスイカの成長やオーナーさんが参加したイベント情報を「富里スイカ日記」として随時お知らせしていきます。

3月下旬 スイカ畑が決定!

露地スイカのトンネル


オーナー制度のスイカ畑が決定しました!今回も富里スイカのマイスターである篠原さんの畑でオーナーさんのスイカが育てられます。

3月下旬にスイカ畑へ行ってみると、露地スイカのトンネルが完成していました。スイカの苗の定植に向けて着々と準備が進められています。

4月上旬 定植作業

スイカの苗

いよいよ定植の日を迎えました!すくすくと育った苗が土の中に植えられていきます。

今回の品種は「味きらら」。糖度の高さが特徴です。

スイカの苗を植える様子

風が強い日は飛ばされてしまうので、天気が良い日を選んで作業します。

みなさんでスイカの苗を植える様子

このように一つ一つ丁寧に手作業で植えられていきます。

篠原さん

スイカマイスターの篠原さん。お忙しい中、笑顔でお話ししてくださいました。

4月下旬 成長風景

スイカの苗成長の様子

今日はあいにくの天気でしたが、すいかのつるはすくすくと成長し、たったの2週間でこんなに大きくなっていました!

すいかの成長には温度管理がとても大切です。その日の天候に合わせて、トンネルを開けたり閉めたりしているんですよ。ここまですくすくと大きくなったのは、篠原さんが丁寧に育ててくださっているおかげですね。

スイカの花

そっと中をのぞいてみると小さな黄色い花が顔を出しました。この可愛らしい花はすいかが大きな実をつけるのに重要な役割を果たします。

来月はいよいよ札付け作業ですね!皆さんに会えるのを楽しみにしています。

6月上旬 成長風景

スイカ畑

スイカオーナーのみなさんに札付け作業をしてから約1か月が経ちました。寒い日や暑い日など天候が不安定な天気が続きましたが、
篠原さんの献身的なケアによってすくすくとスイカは育ちました。

スイカ畑

中をそっと覗いてみると大きく育った実が次々と姿を現しました。

篠原さんはスイカをこまめに動かしながらスイカの形がまん丸になるように形を整えてくれています。

こまめなケアが美味しくて形の良いスイカには不可欠です。

スイカ畑

大きく育ったスイカはバスケットボールほどの大きさになるまで成長しました。

スイカ畑の中で今か今かと収穫の時を待っています。
いよいよ収穫の日が迫ってきました。オーナーのみなさん楽しみにしてくださいね。

6月30日 収穫体験

収穫体験

いよいよ収穫体験の日を迎えました。梅雨明けした真夏の空の下200人を超えるオーナー様やご家族の方にお集まりいただきました。

すいか畑

大きく育ったスイカは今か今かと収穫の時に備えます。

収穫風景

篠原さんがスイカの収穫の仕方を説明したあと、いよいよ収穫体験!ビニールを開けると大きく、まん丸と育ったスイカが次々と姿を現します。

スイカ畑と子ども

大きなスイカの前ではい、チーズ!思わず笑みがこぼれます。

集荷場

このようにたくさんのスイカがオーナーの皆さんの手によって収穫されました。

集荷場

収穫の後はスイカの土を落としてきれいになるように磨きます。磨き終わったスイカは箱詰めされます。

箱詰め作業後

みなさん笑顔いっぱいで作業されていました。
暑い中みなさまお疲れさまでした。

また、たくさんのオーナー様にご参加いただきありがとうござました。

お問い合わせ

富里市市民経済環境部商工観光課

電話: (商工振興班/観光振興班)0476-93-4942 (消費生活センター)0476-93-5348

ファクス: 0476-93-2101

お問い合わせフォーム


平成30年度富里スイカオーナー制度 富里スイカ日記への別ルート

ページの先頭へ