ページの先頭です

文化財防火デー

[2018年1月1日]

第64回文化財防火デーのお知らせ

毎年、1月26日は「文化財防火デー」です。

文化財防火デーの制定は、昭和24年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し、壁画が焼損したことに基づいています。

また、1月と2月が最も火災が発生しやすい時期であることから、1月26日を「文化財防火デー」と定め、文化財を火災及び震災などの災害から守るため、全国的に文化財防火運動を実施し、文化財愛護に関する意識の高揚を図るものです。

文化財は、国民共有の貴重な財産です。

文化財を災害から守るためには、関係機関や文化財関係者のみならず文化財周辺地域住民の方々の連携・協力が必要ですので、「文化財防火デー」を機会に地域ぐるみの防火・防災にご協力をお願いします。

「第64回文化財防火デー」ポスター

第64回文化財防火デーのポスター画像

「第64回文化財防火デー」ポスター

お問い合わせ

富里市消防本部予防課

電話: 0476-92-1313

ファクス: 0476-93-8837

お問い合わせフォーム


文化財防火デーへの別ルート

ページの先頭へ