ページの先頭です

小型合併処理浄化槽補助金(受付終了)

[2017年5月19日]

富里市小型合併処理浄化槽設置整備事業補助金のご案内

平成29年度の補助金交付申請書の受付は終了しました。

市では、生活排水による水質汚濁を防止するために小型合併処理浄化槽設置者に補助金を交付しています。
対象になる浄化槽は家庭用に設置するもので、国庫補助指針に適合する機能を有する高度処理型小型合併処理浄化槽に限定されます。
事業の対象となる地域は、下水道法(昭和33年法律第79号)第4条第1項の認可または同法第25条の11第1項に基づき策定された事業計画に定められた予定処理区域以外の地域及び集中合併処理浄化槽処理区域以外の地域になります。
また、新設(新築)と既設の単独処理浄化槽・くみ取り便所からの転換設置では申請受付期限が異なりますので注意してください。
なお、補助金の申請総額が予算枠に達した時点で申請書の受付は終了となります。
詳しくは、環境課まで問い合わせてください。

高度処理型小型合併処理浄化槽設置補助金限度額
人槽区分

N20型(転換)※1
N10型・P型※2

N&P型※3BOD型※4
5人槽444,000円
528,000円489,000円
6~7人槽486,000円693,000円654,000円
8~10人槽576,000円963,000円903,000円

※1 N20型は放流水の総窒素濃度が20ミリグラムパーリットル以下の機能を有する浄化槽
※2 N10型・P型は放流水の総窒素濃度が10ミリグラムパーリットル以下または総燐濃度1ミリグラムパーリットル以下の機能を有する浄化槽。
※3 N&P型は総窒素濃度が20ミリグラムパーリットル以下かつ総燐濃度1ミリグラムパーリットル以下の機能を有する浄化槽。
※4 BOD型はBOD除去率97%以上かつ放流水のBOD5ミリグラムパーリットル以下の機能を有する浄化槽。

転換上乗せ補助金

既設の単独処理浄化槽とくみ取り便所から、小型合併処理浄化槽へ設置換えをするときの撤去費用に対し、次の金額を上限として補助金を交付しています。

転換上乗せ補助金
単独転換くみ取転換
180,000円100,000円

放流先のない場合の処理装置(蒸発散装置等)への補助

小型合併処理浄化槽の設置と同時に、放流先のない場合の処理装置(蒸発散装置等)を設置する場合は、その設置費用の3分の1(限度額200,000円)を補助金として交付しています。

(注)設置後の補助金交付申請は受け付けられません。

交付条件

次の条件をすべて満たす必要があります。

  • 着工前の申請であること
  • 自己居住用の住宅用として設置する
  • 浄化槽設置届、または建築確認の審査を受けて設置する
  • 住宅を借りている人は貸主の承諾を得ている
  • 市税を滞納していない

補助金交付要綱

補助金交付要綱

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

合併処理浄化槽って一体なに?

台所やお風呂の生活雑排水をし尿と合わせて処理できる浄化槽のことです。
し尿だけを処理する「単独処理浄化槽」は、生活雑排水(台所・風呂・洗濯等)を未処理のまま放流するため、河川等へ流れ出す水質汚濁の量が合併処理浄化槽の8倍も上ります。

浄化槽法定検査のお願い

浄化槽管理者は法定検査、保守点検、清掃を行うことが義務づけられています。

【検査の種類】

  • 浄化槽法第7条検査
    新しく設置された浄化槽が対象の水質検査。
    浄化槽使用開始後3ヶ月を経過した日から5ヶ月の間に受けなければならない。
  • 浄化槽法第11条検査
    7条検査を受検した翌年から年1回実施しなければならない水質検査。

お問い合わせ

富里市市民経済環境部環境課

電話: (環境保全班/環境衛生班) 0476-93-4945 (リサイクル推進班) 0476-93-4946 (クリーンセンター)0476-93-4529

ファクス: 0476-93-2101

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ