ページの先頭です

住宅用火災警報器設置の戸別訪問調査

[2018年2月15日]

住宅用火災警報器設置の戸別訪問調査について

消防本部では、住宅火災による死傷者をなくすため、更なる住宅用火災警報器の普及促進と、設置後の適切な維持管理広報を目的として、消防職員が戸別に訪問調査を実施いたします。ご理解とご協力をお願いいたします。

調査期間

平成30年3月1日(水曜日)から3月20日(火曜日)までです。

調査対象

無作為に抽出した富里市内の約150世帯(共同住宅・長屋を含む)です。

訪問調査員

消防署の消防職員です。

調査方法

  • 消防署員が戸別訪問して、玄関先等で聞き取り調査を行います。
  • 服装は、制服または活動服で、身分証明書(消防手帳等)を携帯しています。
  • 調査内容は、訪問世帯の住宅用火災警報器設置の有無、住宅区分です。

※訪問の際に、住居内に入ることはありません。

※ご不在の場合は、「住宅用火災警報器」のパンフレットをポスト等に配布させていただきます。

※消防職員が、住宅用火災警報器や消火器を販売することはありません。

※悪質な訪問販売等にご注意ください。

問い合わせ先

富里市消防本部予防課

電話:0476-92-1313

ファクス:0476-93-8837

お問い合わせ

富里市消防本部予防課

電話: 0476-92-1313

ファクス: 0476-93-8837

お問い合わせフォーム


住宅用火災警報器設置の戸別訪問調査への別ルート

ページの先頭へ