ページの先頭です

「旧岩崎家末廣別邸」が国登録有形文化財に登録されました

[2018年6月20日]

「旧岩崎家末廣別邸」の主屋・東屋・石蔵が富里市初の国文化財へ

平成25年7月19日に開催された国の文化審議会において、登録有形文化財として登録することを答申された「旧岩崎家末廣別邸」については、同年12月24日の官報告示をもって正式に国登録有形文化財となり、本年1月14日には「登録証」と「登録プレート」一式が文部科学省から届きました。

富里市初の国有形文化財となった「旧岩崎家末廣別邸」は、三菱財閥第三代総帥だった岩崎久彌氏の邸宅であり、大正末期から昭和期における上流階級の生活様式を垣間見ることのできる近代和風建築であるとともに、富里市の近代化を物語る「末廣農場」の面影を唯一残した貴重な建物です。

現在、教育委員会では、国登録有形文化財となった三棟の建物を中心に修復が必要な部分を特定する作業を進めるとともに、敷地内に広がっている竹林の伐採作業を行うなど、公開活用に向けた準備を進めているところです。なお、専門家などの意見を取り入れながら、将来にわたってしっかりとした活用計画を立てる必要があることから、一般公開の時期については未定となっています。

詳しくは、「市教育委員会生涯学習課文化資源活用室」まで問い合わせてください。

 

国登録有形文化財の「登録証」と「登録プレート」

「登録証」と「登録プレート」

問い合わせ先

富里市教育委員会生涯学習課 文化資源活用室

  • 電話 0476-93-7641
  • ファクス 0476-91-1020

お問い合わせ

富里市教育委員会生涯学習課

電話: (中央公民館) 0476-92-1211 (社会教育班)0476-93-7641 (文化資源活用室) 0476-93-7641 (スポーツ振興室) 0476-92-1597

ファクス: (中央公民館/社会教育班/文化資源活用室) 0476-91-1020 (スポーツ振興室) 0476-93-9640

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ