ページの先頭です

平成25年富里市10大ニュース

[2013年12月25日]

平成25年を振り返り、富里市の10大ニュースを決定しました

市制施行10周年記念 富里市子ども議会を開会【1月】

市制施行10周年記念 富里市子ども議会

市制施行10周年を記念し、市議会議場において子ども議会を開催しました。
市内各小学校の16名の児童が子ども議員として、市の今・将来について普段思っていること、疑問に思っていることなどを質問し、市長・教育長等が答弁しました。

富里市さとバス及びデマンド交通の実証運行を開始【4月】

さとバスの実証運行
デマンド交通の実証運行

高齢化や市民ニーズの多様化により、さとバス(循環バス)を含めた市内の公共交通網を見直し、平成25年4月1日よりさとバス(循環バス)とデマンド交通の実証運行を開始しました。
これまでのさとバス(循環バス)は新橋地域で継承し、1日7便だった運行を10便に増便し、さらに富里バスターミナルやJR酒々井駅へルートを拡大し運行しています。
デマンド交通は根木名・高松・十倉の3つの地域について、利用者から予約があった場合に運行する完全予約型の乗り合い運行を実施しています。
それぞれの実証運行では富里バスターミナルやJR酒々井駅、八街駅などその他の交通機関との接続に配慮したダイヤ設定としており、高速バスや鉄道との乗り継ぎしやすさを考慮することにより、さらに一層の利用促進を図ります。

市内初の地域づくり協議会として富里第一小学校区まちづくり協議会が発足【4月】

地域課題を地域自らが把握し解決できるよう、小学校区を一つの単位として、地域に存在するさまざまな団体や組織が有機的に連携する組織づくりを支援する「地域づくり協議会モデル事業」において、市内初の地域づくり協議会として「富里第一小学校区まちづくり協議会」が発足しました。

市内初の総合型スポーツクラブが誕生【4月】

総合型地域スポーツクラブとして、富里市で初めて「富里南桜クラブ」が平成25年2月17日に設立総会を開催し、4月1日より発足しました。
総合型地域スポーツクラブとは「いつでも・どこでも・誰とでも・いつまでも」会員がスポーツを楽しむ、住民でつくる活動の場です。

ご当地グルメ選手権グランプリに「ぴーなっつ富里(ぷり)ん」が決定【4月~11月】

この事業は、富里市商工会青年部が富里市独自のご当地グルメを発掘し、「食による街おこし」を目的としたものです。
市民から富里の食材を活かしたグルメレシピの募集を行い、書類選考・試食選考でグルメ3品に絞り込み、最終選考は「ふるさとまつり」「七栄親子まつり」「産業まつり」の3つのイベント会場にて販売し、一般客から投票いただきました。
その結果、グランプリとして「ぴーなっつ富里(ぷり)ん」が選ばれました。

藤崎牧士史料館が県指定文化財を含む計5,463点の文化財を富里市へ寄付【4月】

財団法人藤崎牧士史料館の解散に伴い、県指定文化財を含む5,463点の文化財、美術品について、教育行政の推進に資する目的で寄付されました。

「旧岩崎家末廣別邸」を国登録有形文化財に登録する答申が提出【7月】

昨年度三菱地所株式会社から寄付された「旧岩崎家末廣別邸」について、文化財的価値をより高めるための方策として国登録有形文化財への申請を行い、実施日において、国文化審議会より登録有形文化財とする答申を得ました

そして平成25年12月24日(火)に官報告示を経て、正式に登録有形文化財となりました。

富里市学校給食センター施設統合改築工事を着工【9月】

富里市学校給食センターの完成予定イメージ図

安全で安心な学校給食を安定供給するため、老朽化した第一調理場と第二調理場を統合し、安全面や衛生管理・調理作業の環境を整える改築工事を着工しました。

本施設は、学校給食衛生管理基準に適合したドライ方式により、市立の幼稚園・小学校・中学校を対象とし、地元の米を100%使用して炊飯を行う施設を有する他、食育のために調理場の状況がわかる見学者通路や説明を行う会議室の整備も行うものです。

敬老会を市内8小学校区ごとに開催【9月~12月】

市民の積極的な社会参画の推進を図るため、これまで市が主催して行ってきた敬老会について、高齢者の見守りの強化や高齢者の知識・技能を発揮する場づくりを目指す高齢者地域コミュニティ形成事業として、各小学校区ごとに地区社会福祉協議会が主体となって、趣向をこらした敬老会を実施しました。

台風26号により住宅被害やがけ崩れなどが発生【10月】

一部市道の道路冠水

台風26号の影響により、床上浸水5件、床下浸水29件の家屋被害があり、道路においては国・県道をはじめ、市道23ヶ所で冠水し、一時、通行の困難な場所が発生しました。また、法面などを含む40ヶ所で土砂崩れが発生しました。

農業関係としては、人参、里芋、落花生などの農作物に被害があり、面積として約2,391アールとなりました。そのほかに農業施設や土地改良区が管理する施設でも被害がありました。

公共施設関係としては、本庁舎などの施設で雨漏りやガラスの破損があり、また、土砂崩れや公園園庭の陥没などの被害がありました。

お問い合わせ

富里市総務部秘書広報課

電話: 0476-93-1112

ファクス: 0476-93-9954

お問い合わせフォーム


平成25年富里市10大ニュースへの別ルート

ページの先頭へ