ページの先頭です

平成24年富里市10大ニュース

[2012年12月28日]

平成24年を振り返り、富里市の10大ニュースを決定しました

市制施行10周年を迎え、各種記念行事を開催【4月~12月】

 市が主催または共催して行っている事業で、多くの市民の皆さんが参加できるものや、広く市内外に発信できるものについて「市制施行10周年記念事業」の冠を付して、実施しました。
 また、市制施行10周年記念式典を開催し、元衆議院議員・實川幸夫氏への名誉市民顕彰などの各種表彰や、県立富里高等学校出身のニューヨーク在住ジャズベーシスト・津川久里子さんを迎え、講演と演奏会を行いました。

 

富里市防災マップを作製、各家庭に配布【4月】

 震災による被害軽減の啓発と、実際に震災が発生した際に役立つ情報を掲載した「富里市防災マップ」を市民の皆さんに配付しました。

 

富里市名誉市民第1号に、前衆議院議員・實川幸夫氏が決定【6月】

 今年度の市制施行10周年を記念し、市民または市に縁故の深いもので、市に対して功労のあった方、または広く社会の進展、学術文化の興隆に多大な貢献をし、その功績が顕著なものに対し、富里市名誉市民の称号を贈り、功績を称えることを目的に、富里市名誉市民条例を制定しました。
 その第1号として、元衆議院議員・實川幸夫氏を顕彰し、11月23日開催の市制施行10周年記念式典の席上にて顕彰式を実施しました。 

 

富里スイカロードレース大会で完全抽選を実施、約2万5千人の応募【6月】

 富里の一大イベント「富里市制施行10周年記念第29回富里スイカロードレース大会」が、6月24日に開催されました。
 今回から、参加受付方法を抽選方式にした結果、25,107人もの申込みがあり、当日は、抽選で選ばれた12,927人のランナーが初夏の富里を駆け抜けました。

 

富里市プレミアム付商品券発売【9月】

 市民の皆さんの暮らしを応援し、地域活性化を図ることを目的に、市の補助を受け、富里市商工会が市制施行10周年記念「富里市プレミアム付商品券」を販売しました。

 

成田富里いずみ清掃工場稼働開始【10月】

成田富里いずみ清掃工場外観

 成田市との共同事業で建設工事を進めていた成田富里いずみ清掃工場が完成し、10月1日から稼働を開始しました。
 本施設は、ガス化溶融炉方式を採用し、ごみを高温で溶融することにより、土木資材等へ再利用できるスラグを生成するほか、余熱を利用した発電を行うなど、資源循環型の施設となっています。

 

ファミリーサポートセンターを設立、子育てを応援【10月】

 地域において育児の援助を受けたい人と育児の援助を行いたい人が会員となり、育児について助け合う会員組織「ファミリーサポートセンター」を10月1日に設立しました。
 アドバイザーがこの相互援助事業に関する連絡、調整のコーディネートを行い、子育てを応援しています。

 

旧岩崎久彌末廣別邸が三菱地所株式会社より寄附される【10月】

旧岩崎久彌末廣別邸

 旧三菱財閥の3代目総帥、岩崎久弥(1865年~1955年)が通い、晩年を過ごした富里市七栄の「旧岩崎別邸」が、周囲の土地約4万2千平方メートルとあわせて三菱地所から富里市に寄附されました。
 農場内に建てられた別邸は近代和風建築物であり、往時をとどめる木々と共に先進的農法による経営が行われていた末廣農場の面影を伝えています。
 今後は、国の登録有形文化財へ申請し、富里市の歴史資源として活用を図る計画です。

 

富里市が交通安全市町村安全功労を受賞【11月】

 平成23年9月1日から平成24年8月31日までの1年間にわたり交通事故数と交通事故負傷者数が前年と比較し減少したことから、平成24年11月9日の千葉県交通安全県民大会で、交通安全市町村功労を受賞しました。

 

市議会インターネット中継を開始。また、配信初日には議場コンサートを開催【11月】

 議場における会議映像を中継することで、市民に議会をより身近なものと感じてもらい、議会に対する市民の理解を深めるため、インターネットによる配信を開始しました。
 また、市内中学生が仲間と心を一つにして取り組んできた合唱を議場で発表することで、仲間や地域との絆を再確認し、地域の一員として自分は何ができるかを考える機会を設けるとともに、市民に開かれた議会をアピールすることによって市民の議会への理解を深めることを目的に、平成24年12月定例会の開会にあわせて議場コンサートを実施しました。

お問い合わせ

富里市総務部秘書広報課

電話: 0476-93-1112

ファクス: 0476-93-9954

お問い合わせフォーム


平成24年富里市10大ニュースへの別ルート

ページの先頭へ