ページの先頭です

熱中症を防ぐために

[2019年7月1日]
7月から8月にかけて熱中症の発生がピークになります。熱中症を正しく理解し、日常の予防に努めましょう。

熱中症とは・・・

暑さや熱によって体に障害が起きることを「熱中症」といいます。熱中症は、その原因や症状、程度によって「日射病」や「熱けいれん」、「熱疲労」などとさまざまな呼び方をされてきましたが、厳密に区別することが難しく、最近では、ひとまとめにして熱中症と呼んでいます。重度の熱中症は命にかかわり、全国で毎年多くの人が亡くなっています。

急に暑くなった日は特に注意! 室内にいるときも注意が必要!

熱中症になってしまったら(症状や手当の方法など)

熱中症の予防法

熱中症の予防には、「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です!

水分・塩分補給

暑さの感じ方は人によって異なります。軽い脱水状態の時にはのどの渇きを感じないので、渇きを感じなくても、こまめに水分補給をすることが大切です。

熱中症になりにくい室内環境

節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようご注意ください!

  • 扇風機やエアコンを使った温度調整
  • 室温が上がりにくい環境の確保(こまめな換気、遮光カーテン、すだれ、打ち水など)
  • こまめな室温確認

体調に合わせた取り組み

熱中症の発生には、その日の体調が影響します!

  • 体温調整が十分でない高齢者、障がい児・障がい者、子ども、また、風邪などで発熱している人、下痢などで脱水状態の人、肥満の人、心肺機能、腎機能が低下している人、食事抜きの状態、寝不足の人などは熱中症になりやすいので、暑い所での運動や作業に気をつける必要があります!
  • こまめな体温測定で体調チェックを!(特に体温調整が十分でない高齢者、障がい児・障がい者、子ども)
  • 通気性のよい、吸湿・速乾の衣服着用
  • 保冷剤、氷、冷たいタオルなどによるからだの冷却

外出時の準備

  • 日傘や帽子の着用
  • 日陰の利用、こまめな休憩
  • 通気性の良い、吸湿・速乾の衣服着用

高齢者の注意点

熱中症患者のおよそ半数は高齢者(65歳以上)です。高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対するからだの調整機能も低下しています。

  • のどがかわかなくても水分補給!
  • 部屋の温度をこまめに測る!

子どもの熱中症を防ぐポイント

  • 子どもを十分に観察しましょう。
    子どもを観察したとき、顔が赤く、ひどく汗をかいている場合には、深部体温がかなり上昇していると推察できるので、涼しい環境下で十分な休息を与えましょう。
  • 服装を選びましょう。
    子どもは衣服の選択・着脱に関する十分な知識を身につけていません。そのため、保護者や指導者は放熱を促進する適切な服装を選択し、環境条件に応じてウェアの着脱を適切に指導しましょう。
  • 水をこまめに飲ませましょう。
  • 日頃から暑さに慣れさせましょう。
    日頃から適度に外遊びを奨励し、暑熱順化を促進させましょう。

関連情報

お問い合わせ

富里市健康福祉部健康推進課

電話: 0476-93-4121

ファクス: 0476-93-2422

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ