ページの先頭です

平成23年富里市10大ニュース

[2014年2月28日]

平成23年富里市10大ニュース

平成23年富里市10大ニュース
第1位

東日本大震災発生 市内負傷者3人、住宅被害549棟【3月】

 市内でも震度5弱を観測し、3人の負傷者をはじめとした人的被害や、住宅や道路などで破損などの被害が発生しました。一日も早い復興に向け、さまざまな支援や取り組みを行いました。

第2位

「人と緑が調和し 未来を拓く臨空都市 とみさと」を将来像に掲げた富里市総合計画をスタート【4月】

 平成23年度から平成32年度までを計画期間とする総合計画を策定しました。
 公募の市民で構成される「富里市まちづくり市民会議」からの提言を取り入れるなど、市民の皆さんと一緒に策定したものです。
 「みんなでつくる 笑顔あふれるまち・富里」を基本理念として、将来像の実現に向け取り組んでいきます。

第3位相川市長3選【7月】
第4位

定数18へ削減後、初の市議選【4月】

 任期満了に伴い、平成23年4月17日に告示され、22人が立候補。定数が20人から削減された中、新人6人を含む18人が当選しました。
 東日本大震災直後ということもあり、選挙カーによる選挙運動を自粛する候補者も多く、静かな選挙となりました。

第5位

東日本大震災の被災地へ市職員を派遣【3月~4月、7月~9月】

 市消防本部では、3月28日~4月5日にかけて、千葉県緊急消防援助隊(6次隊・7次隊)として東日本大震災の被災地へ救急隊2隊6人と後方支援隊2隊4人の計10人を派遣しました。現地では、福島県消防学校(福島市)を活動拠点として、救急活動に従事しました。
 今回の派遣により、総務大臣・全国消防長会会長・千葉県知事から市消防本部が表彰状を受けました。
 また、市では東日本大震災の被災地支援のため、7月11日~9月19日にかけて、岩手県大船渡市に市職員を派遣しました。
 現地には、20~40歳代の男女事務系職員、計14人(内女性3人)の職員を派遣し、災害支援資金や義援金の取り扱い、避難所運営や被災者向けのミニFMラジオ放送などに携わりました。

第6位「元気になれ、日本!」をスローガンに、第28回富里スイカロードレース大会を開催【6月】
第7位

富里市が交通安全市町村功労を受賞【11月】

 平成22年9月1日~平成23年8月31日までの1年間に交通死亡事故がゼロであったことと、交通事故件数と交通事故負傷者数が前年と比較し減少したことから、11月16日に行われた「第50回千葉県交通安全県民大会」で、富里市が「交通安全市町村功労」を受賞しました。

第8位

富里中学校柔道部県大会2連覇、全国大会出場【7月~8月】

 7月29・30日に「第65回千葉県中学校総合体育大会(柔道大会)」が佐倉市民体育館で開催され、富里中学校柔道部が男子団体戦と男子個人60kg級、女子個人52kg級で優勝しました。男子団体は県大会2連覇を達成し、2年連続で全国大会出場を決めました。
 8月22日~25日に和歌山県で開催された「第42回全国中学柔道大会」での男子団体戦は惜しくも予選リーグで敗退したものの、全国の舞台で1勝を挙げるなど、健闘しました。

第9位

すいかの里生産支援事業を実施【4月】

 市の特産品で、大切な地域資源でもある「すいか」栽培の促進と、生産者の減少の抑制を図ることを目的に「すいかの里生産支援奨励金」を交付する「すいかの里生産支援事業」を実施しました。

第10位

青空保育園開園【4月】

 市内4園目となる、青空保育園が開園しました。

お問い合わせ

富里市総務部秘書広報課

電話: 0476-93-1112

ファクス: 0476-93-9954

お問い合わせフォーム


平成23年富里市10大ニュースへの別ルート

ページの先頭へ