ページの先頭です

富里市放射線量低減のための当面の取り組み方針

[2012年3月21日]

富里市放射線量低減のための当面の取り組み方針(平成24年1月10日策定)

東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴い発生した放射性物質の汚染に対し市民の関心が高まっています。
市では市民の不安解消のために、市内公共施設の放射線量低減に関する当面の取り組み方針を定めます。なお、この方針は必要に応じて、随時見直しを行います。

提言基準

追加被ばく線量(自然被ばく線量と医療被ばく線量を除いた被ばく線量)が年間1ミリシーベルト以下となることを目標とし、これを超える場合は低減対策を行うこととします。放射線量の測定高さは地上50cmで行います。

放射線量の測定と公表

空間線量の測定は、市内の公共施設等で行い、測定箇所により地上高さ5cm、50cm、1mで測定し、測定結果は市ホームページ及び広報紙に掲載します。

低減対策の優先順位

子どもたちの安全を考え、低減基準を超えた幼稚園、保育園、小・中学校、公園などの公共施設を優先して、放射線量の低減対策に取り組みます。

低減対策

  • 土壌については、表層の削り取りまたは表土と下層土の入れ替え
  • 雨どい下や側溝、集水桝等については、堆積した土砂等を除去
  • 除草、芝刈り、落ち葉等の清掃
  • 上記作業が実施できない箇所は、洗浄や立ち入り制限等を実施し、追加被ばく線量の低減を図る
  • 低減対策実施後に、対策の効果を検証するため放射線量の測定を行う

低減対策により生じた物の取り扱い

各施設管理者等は、原則として低減対策の対象となった施設等の区域内で埋設等により、適切な管理を行います。

お問い合わせ

富里市市民経済環境部環境課

電話: (環境保全班/環境衛生班) 0476-93-4945 (リサイクル推進班) 0476-93-4946 (クリーンセンター)0476-93-4529

ファクス: (環境保全班/環境衛生班/リサイクル推進班) 0476-93-2101 (クリーンセンター)0476-93-4873

お問い合わせフォーム


富里市放射線量低減のための当面の取り組み方針への別ルート

ページの先頭へ