ページの先頭です

児童扶養手当

[2019年4月1日]

児童扶養手当は、ひとり親家庭や、親と一緒に生活していない児童を養育する家庭の生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図ることを目的に支給される手当です。

受給資格者

手当を受けることができる人は、

  1. 児童を監護している母親
  2. 児童を監護し、かつこれと生計を同じくする父親
  3. 父母にかわって児童を養育する人

で、次の条件のいずれかにあてはまる18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童(児童の心身に一定の障害がある場合は、20歳未満まで)を養育している人です。

  • 父母が離婚した後、父または母と一緒に生活をしていない児童
  • 父または母が死亡した児童
  • 父または母が重度(国民年金の障害等級1級程度)の障害にある児童
  • 父または母の生死が明らかでない児童
  • 父または母から引き続き1年以上遺棄されている児童
  • 父または母が保護命令を受けた児童
  • 父または母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
  • 未婚の母の児童
  • その他、生まれたときの事情が不明である児童

*平成22年8月1日から父子家庭の父も受給できるようになりました

上記に該当しても、次のような場合は手当を受けることができません。

  • 児童が児童福祉施設に入所しているとき(通園施設等を除く)、または里親に委託されているとき
  • 父または母が婚姻の届け出はしなくても、事実上の婚姻関係(内縁関係など)があるとき
  • 受給資格者または児童が日本国内に住所がないとき

※偽りその他不正な手段による受給や、届出を怠って手当を受給した場合,遡っての返還や、三年以下の懲役、三十万円以下の罰金に処せられることがあります。(児童扶養手当法第23条及び35条)

手当を受けるための手続き

必要書類(個々の要件によって、揃えていただく書類があります)については、窓口でご確認ください。
審査の後に、結果を通知いたします。

手当の支払い

認定された場合、申請をした翌月分から手当ての対象になります。
支払時期と回数は、これまでは4か月分ずつ年3回(4月・8月・12月)でしたが、
2019年11月からは2か月分ずつ年6回(1月・3月・5月・7月・9月・11月)に見直されます。
※2019年の支払いは4月・8月・11月
  2020年の支払いは1月・3月・5月・7月・9月・11月となります。
支払月の前月分までを各11日前後に指定された口座に振り込みます。
【参考】厚生労働省広報チラシ

手当額(改正があります)

所得額および児童数により手当額は異なります。

児童扶養手当額(平成31年4月から)
区分全部支給一部支給
児童1人のとき月額42,910円

所得に応じて42,900円~10,120円

児童2人のとき児童1人の手当額に10,140円を加算児童1人の手当額に所得に応じて10,130円~5,070円を加算
児童3人以上のとき1人増すごとに6,080円を加算児童1人の手当額に所得に応じて6,070円~3,040円を加算

所得制限

所得による支給制限があります。

受給資格者本人または配偶者及び扶養義務者の所得額により、全部支給、一部支給、全部停止の人に分かれます。

手当が支給停止される場合

公的年金給付額が児童扶養手当額を超える場合や、受給資格者本人等の所得が所得制限限度額を超える場合は、手当の一部または全部が支給停止となります。

関連コンテンツ

記事タイトル

お問い合わせ

富里市健康福祉部子育て支援課

電話: (児童家庭班/子育て支援班) 0476-93-4497 (家庭児童相談室) 0476-93-4498 (幼保連携班) 0476-93-1174

ファクス: (児童家庭班/子育て支援班/家庭児童相談室/幼保連携班) 0476-93-2422

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ