ページの先頭です

【水道料金について】

[2012年4月5日]

 日ごろから一つ疑問に思っていることがあります。なぜ富里市はこんなにも水道代が高いのでしょうか?他市に住んでいる知人・友人に話すと「水漏れしているのでは?」と言われるほどで、私が毎月支払っている水道代は「異常」だそうです。
 水(電気やガスもそうですが)はライフラインです。人間が生きるために必要不可欠なものの一つです。そういった必要最低限のものについては努力をし、利用者にできるだけ負担をかけず行われてしかるべきだと思います。
 隣市・町がどのような状況かは知りませんが、リサーチした上で、突出することなくサービスを提供するお考えはありませんか?逆に他市・町より多くのお金いただいている立場として他にはないサービスや質を提供しているのでしょうか?公共料金について自治体・会社によってサービス内容、金額等はさまざまであることは承知しております。でも、「異常」とまで言われたものを放置し、お金を払い続けていくことは「苦」であることは変わりありません。

【回答】(2009年2月26日 富里市水道課)

 始めに、先日2月13日から14日にかけて発生いたしました、市水道の断水事故について一言お詫び申し上げます。
 このたびは、市民の皆さんに多大なるご迷惑をおかけしまして大変申し訳ありませんでした。今回の事故を教訓とし、再発防止に誠心誠意努めるとともに、今後の緊急時の対応や危機管理についても積極的な見直しや改善を図ってまいります。
 御意見をいただきました水道料金についてですが、本市水道事業につきましては、地方公営企業法の適用を受け、地方公営企業(地方公共団体が経営する公益的な企業)として、市一般会計とは別会計方式により経営しております。
 地方公営企業の経営は、法律により「事業に必要な経費は、その経営に伴う収入をもって充てること。」と定められていることから、経営に関する費用の大半が利用者の皆さんからいただいている水道料金で賄われております。
 公営企業は一般に営利を目的とするものではないため、利潤を得ることは必ずしも必要ではありませんが、良質な水道水を安定的に供給していくには、企業としての基盤を強化し、実態資本を維持していくなど、将来にわたり健全な運営が可能となるような収入を確保する必要があることなどから、市でも常に経費の節減と効率的な業務を行い、健全な運営に努めています。
 他事業体との料金の差についてですが、県・各市町村等の地方公営企業によって、水源の事情や事業規模、浄水費用、施設の維持費などが異なり、経費に差が出てくること等、各事業体がおかれているさまざまな要因の中で料金の差が生じることとなりますが、御指摘のとおり本市の水道料金は印旛郡内の10市町村の中でも高い状況にあります。(※印旛郡内10市町村の比較は下記のとおりです。)その理由としましては、

  1. 自己水源に恵まれない富里市は、印旛広域水道から水を購入しており、その受水費が高いこと。(半分は井戸水を利用しておりますが、井戸施設の能力や制限により井戸水の割合を増やすことができません。)
  2. 水道施設を建設した費用は借金により賄いますが、その支払利息を現在返済していること
  3. 他市町村と比べ一般会計(市の予算)から水道企業会計への補助金が少ないこと
  4. 普及率(行政人口に対する現在給水人口の割合)が低く、水道を利用している人口が少ないため、一人当たりの利用者が負担する経費が多くなっていることなどがあげられますが、昨年度、公営企業経営健全化計画を策定し国の承認を受け、支払利息の削減や、人件費と維持費の削減を現在行っております。

 今後もより一層の経営努力をしてまいりますので、御理解と御協力をいただきますようお願いいたします。

※口径20mm・2ヶ月で50立方メートル使用の水道料金
富里市10,184円佐倉市8,589円
成田市8,064円印西市10,080円
八街市10,680円栄町10,080円
四街道市6,250円印旛村9,240円
白井市9,428円本埜村10,080円

お問い合わせ

富里市総務部秘書広報課

電話: 0476-93-1112

ファクス: 0476-93-9954

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ