ページの先頭です

【子どもへのインフルエンザ予防接種費用の助成について】

[2012年4月5日]

 市では、インフルエンザ予防接種の子どもへの助成は考えていないのでしょうか?お年寄りはありますが、弱い子どもにもぜひ検討していただきたいと思います。子どもは2回接種したほうが良いと言われており、負担が大きいです。ぜひ今後考えてください。

【回答】(2009年1月30日健康福祉部健康推進課)

 当市では、国民の健康を守るために必要な予防接種について定める「予防接種法」に基づき予防接種を実施しております。
 インフルエンザの予防接種については、高齢者施設の入所者などがインフルエンザにかかり死亡したことが社会問題になったことや、高齢者のワクチン接種による発病、死亡の阻止率が高かったこと、またワクチンに対する副反応についても重篤なものがなかったことなどから、「予防接種法」が改正され、高齢者に対するインフルエンザ予防接種が加わりました。
 子どもに対するインフルエンザ予防接種については、学校等における集団全体に免疫を高めておくことにより流行を抑えるという考えに基づいて、以前は法律による接種が行われておりました。
 しかし、集団接種による完全な予防が出来なかったことや、ワクチン接種による重篤な副反応があったことなどから、任意の予防接種に分類され、現在は法による予防接種は行われておりません。
 インフルエンザは、毎年冬になると流行し、ときには重篤な症状になることもあることから、インフルエンザワクチンによる予防接種は有効と思われます。
 しかしながら、市といたしましては、「予防接種法」に基づき予防接種を実施していることから、御意見をいたただきました子どもへのインフルエンザ予防接種の助成につきましては、今後、国における「予防接種法」の動向や近隣市町村の動向などを見つつ検討してまいりたいと考えておりますので御理解いただきますようお願い申し上げます。

お問い合わせ

富里市総務部秘書広報課

電話: 0476-93-1112

ファクス: 0476-93-9954

お問い合わせフォーム


【子どもへのインフルエンザ予防接種費用の助成について】への別ルート

ページの先頭へ