ページの先頭です

【成田空港場外下水道の供用見通しについて】

[2012年4月5日]

 2008年3月に配布された議会報に成田空港の場外下水管に市の下水管を接続することの見通しについて質問があったとのことで、関心をもって読んだ次第です。その後の経過、見通しをお伺いいたします。

【回答】(2008年7月23日 都市建設部下水道課)

 成田空港場外下水道は、下水道法に基づく特例的な承認を受けた成田空港の専用管であり、現在成田国際空港株式会社が所有し管理しております。
 富里市の下水道は、千葉県が所有し管理する印旛沼流域下水道東部第二幹線(※成田市三里塚から千葉市花見川第2終末処理場へと繋がる下水道)へ接続しておりますが、成田空港の専用管を利用することが出来れば、コストの削減や下水道の普及促進の観点から望ましいと考えております。
 しかしながら、公共下水道事業として成田空港の専用管を利用するには、成田国際空港株式会社はもちろん国、県並びに関係自治体との協議が必要となります。そのうえで下水道法に基づく手続きを進めていくこととなります。
 現在は、専用管の利用可能な地区を設定し、計画人口及び計画汚水量を検証して、県及び成田国際空港株式会社との協議を始めた段階であるため、今後の見通しについては、未定ではありますが、今後も協議を進め、効率的な下水道の普及促進を図れるように努力してまいります。

お問い合わせ

富里市総務部秘書広報課

電話: 0476-93-1112

ファクス: 0476-93-9954

お問い合わせフォーム


【成田空港場外下水道の供用見通しについて】への別ルート

ページの先頭へ