ページの先頭です

【固定資産税納税通知書の発送先について】

[2012年4月5日]

 私は昨年、富里市に転居し、転居届けを出して処理いたしました。
その後は何も問題無く各種の通知もいただいておりましたが、突然固定資産税納税通知書が前に住んでいた郵便局から転送されてきました。
 納税通知書によれば4月末までの納期になっていますが、富里市はこんなずさんな処理をしている市役所なのでしょうか?

【回答】(2008年4月25日 総務部税務課)

 固定資産税の賦課期日である1月1日以前に富里市に転入届を提出しているにもかかわらず、旧住所で納税通知書を発送したのはなぜかという御質問についてですが、まず、当市における固定資産所有者の方の住所に関する処理方法につきまして、御説明させていただきます。
 固定資産税の納税義務者につきましては、登記簿に所有者として登記された方となっており、納税通知書の発送先につきましてはその内容に従い所有者の住所をコンピューターへ登録しております。
 所有者の方の住所が変わった場合におきましては、登記簿の住所変更をしていただきますと法務局より市町村に名義人変更通知があり、名寄帳(固定資産税台帳)の住所も変更するようになっております。
 また、登記による住所の変更をされない場合でも、納税通知書へ同封しております「住所変更届」や、納税義務者及び納税管理人本人からの申し出により、住所変更をさせていただいております。
 コンピューターの処理につきましては、固定資産管理のシステムと住民記録管理のシステムが完全に連動しておりませんことから、今回このような事態をまねく結果となってしまいました。
 今後の対策といたしましては、コンピューター処理等を活用したチェックができないか、また納税義務者の方へ住所変更等があった場合の変更手続きについて、広く周知を図ってまいります。

お問い合わせ

富里市総務部秘書広報課

電話: 0476-93-1112

ファクス: 0476-93-9954

お問い合わせフォーム


【固定資産税納税通知書の発送先について】への別ルート

ページの先頭へ